何でもない日にも。

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ホームシップ衛星」 by5/31大阪城ホール

やっと休日が来たので、今更ですがライブレポです。

平成20年5月31日 土曜日
BUMP OF CHICKEN 「ホームシップ衛星」
大阪城ホール


記憶がある中では初上陸の大阪。
まさかライブの為に来るなんて・・想像できませんでした。

ライブまで色々体験しましたが、そこは割愛(笑)


スタンド指定席C-13列。
遠いけど気にしない。
ちゃんと届くことを知ってるから。


場内からTHE WHOのイントロが聞こえはじめる。
凄い歓声。
灯りが一気に落ちて、真正面に映し出された星の鳥。
ズーンっと響く音。
宇宙を飛ぶ星の鳥が島?の中に飛び込んだ後に映されたのが客席。
「うぉ~!」って声が波のように響く。
何度見ても鳥肌が立つ。

映像は28年のカウントが始まり、メンバーが登場。
最後にふじ君が登場する時には「28」。

レスポールを高々と掲げると歓声が。
「鬨の声」って感じがする。

01.星の鳥
02.メーデー

この2曲のつなぎは最強ですね。
星の鳥からメーデーのイントロに入る所がお気に入り。


03.才悩人応援歌

最後の「ラララー」はみんなで歌うのが定番になった感じですね。


04.ラフ・メイカー

追加公演からセトリに加わった曲です。
最後の歌詞が変ってました。

「呆れたな確かに笑えた」

だったと思われます。


05.アルエ

これも大好きな曲。
どっかでふじ君が「大阪!」って叫んでた。


-チャマMC-

アリーナツアー最後です。
大阪で迎えられて嬉しいです、最高のライブにしましょう。


06.ハンマーソングと痛みの塔

ドラムが印象に残ってますね。
このリズムは難しいって。
「どんどん高く」の前に「あ~」って入るのが好き。


07.ひとりごと

聴かせる曲。
この曲だけじゃないけれど、なんだろう・・否定するような歌詞の時に
ふじ君、首をふるんですよ「イヤイヤ」みたいに。
それが凄く印象に残ってますね。
髪の毛がサラサラって(そこかよ!)

「1人では無理なことだから みんなとの間にあるから」
「僕ら知らないうちに僕らで作ったよ みんなで出会ったよ」


08.ギルド

「思い出したのは色んな事さ汚れたって受け止めろ世界は君のもんだ
かまわないからその姿で生き延びてくれよ」
「それも全て僕らの望む普通の日常」


09.花の名

この曲はねぇ・・ライブで聴くと泣きます。
歌詞変え多いし。
感情入りまくりだし。

「僕が今日置く唄は みんなと出会えた証拠で」
「生きる力を借りたから 声が出る内に返さなきゃ」
「忘れた時で良い 思い出してください」
「同じ苦しみに迷えたあなただけに唄える唄がある」
「それを待っている人が居る ここにも」
「そこからひとつを選べた僕だけに僕らだけに」
「迷わずひとつを選べたあなただけに唄える今日がある」
「僕だけに伝える唄がある」


10.arrows

映像にはふじ君だけ映ってる。
この曲の出だしは難しいようで、他の会場ではやり直しがあったそうな。
唄ってるというより、語ってる感じが素敵。
「大丈夫」の所からの低く太く安心できるような声で唄う・・鳥肌。

「一緒にここから離れよう ねぇ離れよう」
「一緒にここから離れよう・・・そばにいて・・」
「せーので別々に歩き出そう」
「あんなに近いずっと遠いあの虹を渡ろう」


11.飴玉の唄

唄なんだけど、唄じゃない唄い方。切な過ぎる。
思わず両腕を抱えて聞いてしまう。

「思い出に出来ないでしょう」


12.真っ赤な空をみただろうか

最後の「ラーラーラーララララーラーララーラー」をみんなで。
「ラララって唄った?大勢いると思って唄わなくてもばれないと思ったでしょ」とふじ君。

「そんな心馬鹿正直に話す君を馬鹿にしないで」
「僕らがひとつだったなら出会う今日も来なかっただろう」


13.かさぶたぶたぶ

この音頭(笑)ギターでするのは難しいのでは?と全然ギター出来ない私は思う。
「パパンがパン」の手拍子ももう定番。
ふじ君もうれしそう。


14.ダイヤモンド

ライブならではのイントロ。
すぐダイヤモンドだって判る。
みんなの手が綺麗に上がってて、本当にすごい。

「何回ころんだっていいよ何回迷ったっていいぜ」
「上手に唄えなくていいよいつか旅に出る時は来るさ迷わずこの唄を一緒に連れて行ってくれ」


15.天体観測

「そうして知った痛みが未だに僕ら繋いでいる」


16.supernova

この曲はコーラスが好きなんだな。
絶妙ですよ。

「本当に欲しいのは今、今日なんだ」
「君との歴史を持っていた今日」
「君との出会いがあった今日」
「僕らの世界は君があって動いてる」


17.星の鳥 -reprise-
18.カルマ

この曲は何と言っても増川君。
すごいギターが良かった。
映像でも、手元が見えると凝視ですよ、それ程かっこよかった。

「そうさもう一度僕らは出会うだろう」←訂正いたします。
「そうさ必ずも一度出会うだろう」
(コウさんありがとうございます。)

19.flyby

追加公演でセトリに加わった曲。
まさかこの曲が聴けるなんて、全然思ってなかったので感動。
高音をアレンジして低くして唄ってた。


メンバー退場。


アンコールは拍手。

メンバー登場。
チャマはツアーTを着てる。
珍しく増川君もツアーT。

-チャマMC-
大阪わっしょい!×2回位(笑)
サイレンの真似「ウ~ウ~ウ~」
これ大好きなんだよね、柳沢信吾さんはこれとタバコ1箱で何年もやってるんだよ。
俺ら、1月からツアーやってるんだよね、今何月?
「5月!」
そう!ずっとツアーやってるんだけど、休みがない。
いや、不満じゃないのよ別に。
マネージャーのタカチューに何で休みがないの?って聞いてもね、
会社と俺らと板ばさみで・・(笑)
みなさんにお知らせがあります・・グッズ買ってください。
ストラップつけて、Tシャツきればいいじゃん!
今月のおこづかい○○円みたいなのはこの際おいといて。
グッズ買って下さい。

-増川君MC-
アンコールありがとう。
これだけの人数でやるライブは今日が最後らしいので・・まぁ・・寂しいよね。
・・・ぶっちゃけ本当は思ってないけど(笑)
会場の「え~」の声に
いいともみたいになってきた!
それで、最後なんでチャマにツアーTシャツ着ればって言われて・・
で・・買って下さい・・・で、良いんだよね?(チャマを見る)

-升くんMCー
何やら椅子に手をついて、身体を持ち上げてる(笑)
何か喋っているようなんだけど、歓声で通訳のチャマも聞こえず。

升くんのMCになるとふじ君はステージぎりぎりまで来てひざまずき拝む(笑)

-ふじ君MC-
アンコールありがとう。
うすうす気づいてると思うけど・・新曲やります。
「プレゼント」


en1-1.プレゼント

早く歌詞を見て聞きたい。



en1-2.ダンデライオン

初めてライブで聴いたときを思い出します。
ギターのリズム、好きです。



メンバーあっさり退場。
こんなあっさり退場されると期待しちゃうWアンコール。
拍手も熱がこもります。


メンバー登場。

この時にふじ君が言ったこと。
「楽しかった。今日は楽しいとか嬉しいとか根源的なことばかり言ってんな・・
でも、本当だからしょうがない」

この言葉はうれしかったですね。


en2-1.ガラスのブルース

最後の最後でこの曲。
盛り上がらない訳がない。
間奏でふじくんが「ギター増川弘明!」って。
これ聞くの2度目。
結構感動しちゃう。

この曲って藤原基央そのものだと思ってて。
去年のスペシャの夏フェスで、1番を殆ど唄わず、マイクを客席に向けて
唄わせてるふじ君を見たときの感動は今でも忘れられない。
何だか信用されてる感じでね。
このツアーでも一部を任せてくれて嬉しかったです。

「僕のことは忘れていいよ、今日のことは忘れないでよ、
ここで君が叫んだ今日を、君が手を挙げた今日を」



升くん以外のメンバーが下に降りてペットボトル投げたり、Tシャツ投げたり。
握手したり。

チャマや増川くん「ありがとう」と言い。
ふじ君は一瞬間をおいて「ありがとう おやすみ」と言い帰って行きました。


何だろう。
本当に楽しそうに演奏していたメンバーの顔しか記憶にありません。
おかげで、私もずっと楽しかった。
マナーに関していろいろあるけれど。
横浜から遠征して本当に良かったです。


色々間違っている所もあると思います。
その時はお知らせください。よろしくです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




そういえば、この日は山崎監督も見に来ていたそうで。
花の名の歌詞変えに「これはずるい・・」とコメントしていたそうです。
確かにずるいよね(笑)
[PR]
by f-yocico | 2008-06-08 00:01 | 音楽(BUMP OF CHICKEN)

ラッキーラクーンナイト2

お待たせしました(別に待ってないって?)
やっとライブレポ作成いたしました。

あ、私はKANさんファンなので「パイロットとスチュワーデス」中心レポです。


平成20年5月26日月曜日
SHIBUYA-AX  18:30開演。

当日はモチロン仕事でしたが、午後早退。
きっちり用事を済ませてから渋谷へ。

相方Kさんと一緒にAXへ向かい、途中スタバで水分補給。
ちょっと、ほんのちょっとだけ迷いましがた、すぐ軌道修正。

AX前にはダフ屋や、チケットを求める人が。
このチケット取れた私たちはラッキーですね、ほんと。

先にグッズを購入。
私は黒Tシャツ150サイズとマフラータオル。
タオルはしまって、Tシャツ着てライブ参戦です。
グッズ購入の列に並んでいる時に、Kさんからご紹介されてマイミクになって頂いた
Kさんにお会いする(スニーカー似合ってましたよ)

開場後、私達が選んだ場所はステージに向かって右側の階段前の壁際。
小さい二人なので、できれば一段高い所で見たかったけど、しかたありません。

さすがに平日で22時まで演るとなると、開演は押すことも全然なく。
しっかり18:30に開演。


《オープニングアクト》
★ヨースケ@HOME

まだデビュー前だそうで。
初々し感がとても好感が持てました。
来月メジャーデビューするそうで、何かで見たら応援しちゃうんだろうな。


★MC 2丁拳銃

ちょっとネタやってくれました。
相変わらずのテンポで皆さんの笑いを取ってました。


★キャプテンストライダム

どんな唄を歌うのかな・・と思ってたら、1曲目になぁ~んと
ウルフルズの「バンザイ」で、良い感じでしたね。
トータスさんに「歌います」って言ったら「何でやねん!」って言われたらしい(笑)

そして彼等の歌は「うぉ!ロック!」って感じでしたね。
彼等のファンも元気に飛んでましたよ、ずっと。
若いって素晴らしい♪


★TRICERATOPS

彼等はKANさんファンの気持ちをギュッと掴みましたね。
「初めて歌う曲です、新曲って訳ではないですよ、ある人に捧げます」とコメントして
演奏が始まった・・ボーっと聞いてた私にKさんが「これプロポーズですよ!」と。
えっ!って良く聞くと、まさしくプロポーズのイントロじゃないですか!
他の場所からも喜んでいる声が聞こえる(笑)

ある人に捧げるって、KANさんなのか、他の誰かなのか余計なこと考えたり(笑)

トライセラのボーカルの人の声。
独特ですね。
声フェチにはちょっとドキドキしちゃいますけど(笑)


★パイロットとスチュワーデス

お待ちかね。
ステージのセッティングの時に整備士系の格好をしてる人が出てきて、
BGMも空港のアナウンス。

Kさんと今回の衣装はJAL?とか予想しつつ・・KANさん登場。
ひーぃぃ!赤のストール?に黒のワンピース?
右耳には赤い花を挿している。
だから髪の毛切れない事情があったのね、などど1人で納得。

あれはフラメンコのイメージなんでしょうね。

あの格好でピアノを弾き・・機長(桜井君)登場!
機長はなんとマタドール(闘牛士)
KANさん時は「ぎゃー」って感じでしたが(笑)
桜井君時は「キャー♪」でしたね、完璧に。

桜井君は自分のライブでも何か着たり、被ったりするのかしら。
去年のHOMEツアー行ったときは、そんな事なかったけど。
もし、しないのであれば・・このライブはレアだよね。
でも、KANさんファンはいつもの事なので、全然動じません。
(だけど、あの白いうなじには釘付けになりました)


◎ 1曲目は機長がチーフパーサーのピアノに合わせて歌う「マイウェイ」

歌いながら客席に視線を送る機長。
送られた客席は「きゃぁぁぁぁ~♪」(笑)

視線で客席の人達を殺してましたよ。
恐るべし機長。

間奏では、マントをぐるんぐるん回す機長。
練習つみましたね(笑)

マイウェイを熱唱後、2人で自己紹介。

機長 「機長の桜井です」
チーフパーサー 「チーフパーサーのKANです」
機長 「だって私たちは」
チーフパーサー 「あくまでも」
機長 「パイロットと」
チーフパーサー 「スチュワーデス」
2人で 「なんですけど何か? オ・レ♪」

もちろん「オ・レ」の時は手を上げて(笑)
KANさん指先まで綺麗にピンッてなってました。

そして、今回も機長の曲をチーフパーサが。
チーフパーサーの曲を機長が歌うスタイル。

◎ 2曲目は機長が歌う「50年後も」

この曲大好きなんですよ。
なので機長がどのように歌ってくれるのか興味津々。
もう完璧に桜井君・・いや、機長は自分の唄のように歌ってくれました。
そういえば、この曲好きって聞いたことがある・・納得。


◎ 3曲目はチーフパーサーが歌う「抱きしめたい」

チーフパーサーは何歌っても良い。
声が良い。
もう、うっとりです。

◎ 4曲目は2人で「いつでも微笑を」

何故かハンドベルが。
ハンドベルを鳴らしながら歌うという、凄いことになってきた。

そして、客席に口笛で参加を要請。
チーフパーサーが見本を見せるが、全然吹けない(笑)
冗談かとおもいましたが、何度やっても出来ない。
そこで機長登場。
完璧な口笛を披露、すばらしい。

少しの練習を経て、本番・・の前にチーフパーサーが「サイコロの9見たいのが
光ったら口笛を吹いてね」と説明。

ハンドベル、素晴らしかったです。
完璧ではなかったけど(笑)
曲が終わった時のキメポーズには笑っちゃいました。
ハンドベルを胸にあてて(笑)

◎ 5曲目2人で「弾かな語り」

前回のラッキーラクーンナイト1では 『この曲は「ゆず」の・・』って説明でしたが。
今回は「レミオロメンの・・」と説明してました。
前回よりも設定が細かくなって気がします。

「源氏名は知ってるけど、本名は知らない」とか(笑)

声フェチにはたまらない「弾かな語り」素晴らしい。

◎ 6曲目機長が歌う「永遠」

昔はKANさんのライブでは最後の曲の定番でした。
(最近は・・50年後も)
なので、久しぶりにライブで聞く「永遠」
名曲です。

最後の「とまれ隣に永遠に僕はいるから」を
「とまれ隣に永遠に僕は・・・僕がいるから」と唄った。

号泣(心の中で)

最高な曲で終わり、最高な決めセリフで終了。
もちろん「オ・レ♪」(笑)


★トータス松本with John.B's Blues Hearts Club Band + 菅原龍平

トータスさんの髪型最高、超似合ってる。
何唄ったか記憶がありません。
でも、マシュマロをいっぱい口に入れて、客席に投げ入れたり。
「また逢う日まで」は覚えてます(笑)
楽しかったことも。


★アンコール(全員)

みんな黒Tを着て登場。
でも、案の定パイロットとスチュワーデスは衣装のまま登場。

ウルフルズの「ええねん」を全員で。
この曲は盛り上がるね。
みんなそれぞれ「ええねん」と思ってることを唄ってた。
KANさんは「ブラジャーつけてもええねん」って。
それに対し2丁拳銃の人が「ブラジャーつけたらあかんねん」って言ってた(笑)
あとは・・「マックシェイクが好きでもええねん」もあったな。



トニカクタノシカッタデス。

「ラッキーラクーンナイト」1も2も参加できた事。
本当にラッキーでした。

帰りは興奮を冷ますべく(偶然に?)ソフトクリームを食べる。
(前に真鍋かおりのブログに載ってた)
今までに食べた事のないソフトクリームでした。
美味しかった。
また渋谷に行ったら食べようと思ったりして。
[PR]
by f-yocico | 2008-06-07 21:42 | 音楽(KANさん)

大好きな人や唄の事をつらつらと・・。
by f-yocico
カテゴリ
全体
音楽(KANさん)
音楽(BUMP OF CHICKEN)
音楽(TRICERATOPS)
音楽(他)
日常
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ららぽーと横浜
from ららぽーと横浜
礼状 書き方
from 礼状 書き方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<空>